マルチモーダルインタラクション分析のためのコーパス環境構築 Development of the Environment for Multimodal Interaction Analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

人と人のインタラクションの機械的な理解やコミュニケーション支援を強化するため,映像,音声,身体動作,視線といったマルチモーダルなデータを蓄積し,それらにインタラクション上の有意味なインデクスを付与したコーパスの構築を進めている.本稿では,複数種類のセンサを用いて会話の場を記録するための環境である IMADE ルーム及び,記録された大量のデータを用いた分析を支援するためのツールの試作について報告する.また,コーパス構築に向けたインタラクションの抽象的なインデクスの抽出手法について検討する.For development of the system to understand and support human interactions, our research group construct Interaction Corpus which has a variety of multimodal data: video, audio, gesture, gaze and so on. In this paper we propose IMADE Room, which is the environment to record the sensor data in conversation area, the tool to analyze our corpus, and the method to extract the abstract-level annotation of human interactions.

For development of the system to understand and support human interactions, our research group construct Interaction Corpus which has a variety of multimodal data : video, audio, gesture, gaze and so on. In this paper we propose IMADE Room, which is the environment to record the sensor data in conversation area, the tool to analyze our corpus, and the method to extract the abstract-level annotation of human interactions.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

    情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) 2007(99(2007-HCI-125)), 63-70, 2007-09-28

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006404963
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1221543X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    8938468
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ