発達障害児のための非音声言語的意思伝達方法について On the Method of Nonverbal Communication for Children with Developmental Disorder

この論文をさがす

抄録

発達障害児のなかには、重度の知的障害によるか広汎性発達障害のために、言語を媒介とするコミュニケーションが困難な事例が見出される。最近、母国語によって意思伝達ができない障害児に対して代替言語、即ち人工語の開発研究並びに試験的適用が試みられている。本論においては、先ず人工語研究の発端とその発展、現状について述べ、知的障害児や発達障害児への応用について考察を試みた。

収録刊行物

  • 弘前学院大学社会福祉学部研究紀要

    弘前学院大学社会福祉学部研究紀要 7, 1-7, 2007-03

    弘前学院大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006406323
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11544640
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13464655
  • NDL 記事登録ID
    8859442
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z71-F21
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ