マルチエージェントを用いた組織形成に関する基礎的研究  [in Japanese] A basic study on formation of collaborative behavior in a multi-agent pursuit game  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 乾 岳史 INUI Takeshi
    • 東京工業大学大学院社会理工学研究科社会工学専攻 Department of Social Engineering, Tokyo Institute of Technology

Abstract

自律エージェントを複数協調させることによって問題解決を図るマルチエージェントシステムの研究が行われているが,その多くは問題解決の効率向上を目標としたものであり,組織形成の仕組みについては明らかになっていない.本研究では,マルチエージェントシステムを用いて動的組織形成の仕組みを明らかにすることを目的とする.コンピュータシミュレーションにより,エージェント間の通信路の結合状態と静的組織形成との関係について調べた結果,組織としての秩序の形成には至らないことが明らかになった.そこで,環境の状態に依存して形成される動的組織形成に注目し,通信プロトコル,強化学習のプロセスと組織形成との関連についてシミュレーションすることによって,組織形成に対する基礎的知見を得ることができた.

This paper focuses on dynamic formation of collaborative behavior in a multi-agent pursuit game. The dynamic formation of collaborative behavior is achieved by the re-inforcement learning through the interaction with the environment. It is shown that the weighted rules function as triggers for the emergence of commanders which direct the other agents.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. GI, [ゲーム情報学]

    情報処理学会研究報告. GI, [ゲーム情報学] 5, 23-30, 2001-03-16

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  11

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006407452
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11362144
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    5759334
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top