我が国の商業教育の変遷と商業道徳の考察  [in Japanese] The history of business education: a view on business ethics  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿は,江戸時代,明治維新以降の商業教育の生成・変遷を概観し,商業道徳がどのように位置づけられてきたかを検証し考察する。江戸期の商人教育の関わりとして,年季奉公以前の幼少時の「寺子屋」教育と「丁稚奉公」制度,「家憲・家訓」及び「商売往来」の説く商人道,石田梅岩の「石門心学」にみられる商業道徳,近江商人の「三方よし」の思想等について,商業教育と道徳教育の観点から検証を試みた。日本商人観の近世・近代の連続・非連続論,明治維新以降の近代教育と商業学校制度の発達,渋沢栄一の「道徳経済合一説」の説く道徳思想等を分析するともに,戦後の新教育制度における学習指導要領「商業科目」の変遷を概観し,次期改訂への若干の提案とともに,これからの商業教育(ビジネス教育)における新たな使命と役割,商業道徳教育のあり方等について考察した。

Journal

  • 愛知学院大学論叢 商学研究

    愛知学院大学論叢 商学研究 47(1・2), 39-63, 2006-12

    Aichi Gakuin University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006424527
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00006536
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    02858932
  • NDL Article ID
    8801057
  • NDL Source Classification
    ZD11(経済--経済学)
  • NDL Call No.
    Z3-56
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top