生命倫理におけるミシェル・フーコーの可能性  [in Japanese] Possibilities of Michel Foucault in bioethics  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

ミシェル・フーコー晩年の倫理思想が,終末期医療における患者-家族-医療従事者関係の構築という課題にどう答え得るか,これが本稿の主題である。そして2つの可能性が導き出された。第一に,自己決定権(自律)と死(固有性)の関係は,死(真理)に到達するために主体をどう変化させるか,という倫理の問題として議論され得るということである。第二に,医療従事者への信頼と患者の死(固有性)を尊重するという贈与-感謝関係は,言葉を通しての倫理的関係として議論され得るということである。

The ethics of Michel Foucault provide the following suggestions on the patient-family-doctor (nurse) relation in terminal care. First, this relation is based on the ethics of changing the subject to access the truth (death). Sec-ondarily, this relation is a gift-thanks relation based on the ethics in verbal communication.

Journal

  • Bulletin of St. Luke's College of Nursing

    Bulletin of St. Luke's College of Nursing (33), 26-30, 2007

    St. Luke's College of Nursing

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006426270
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00130477
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    02892863
  • NDL Article ID
    8799124
  • NDL Source Classification
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL Call No.
    Z19-719
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top