隠された過去と現在を繋ぐナラティブ・アプローチ--高齢者施設における一事例の行動観察から  [in Japanese] A narrative approach connecting a hidden past to the present: behavioral observations on a case in a nursing care facility  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

ナラティブは単なる時系列に並べた出来事の集成ではない。自分の物語を紡ぎ語ることに焦点をあて, 体験や体験との関連性を掘りさげ, 自らにもたらされた変化とその影響をみつめることで未来に向かう自分に方向性を与えてくれるものである。人は誰でも, 過去, 現在, 未来を繋ぐ自分の物語を持って居る。本研究では, 過去を隠すことで今の幸せを手に入れようとした人の苦悩を, ナラティブ・アプローチを用いて問題の解決を図り, 個別援助に結びつけた過程について論じた。

Journal

  • The Seisen review

    The Seisen review (14), 181-189, 2006

    Seisen University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006426482
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10431764
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13434365
  • NDL Article ID
    8708550
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-B41
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top