O-213 幌満かんらん岩体ダナイトチャネルと壁岩ハルツバージャイトの鉱物同位体組成(19.深成岩・火山岩とマグマプロセス,口頭発表,一般講演) O-213 The Rb-Sr isotopic systematics of constituent minerals in the dunnite channels and their wall harzburgites from the Horoman peridotite complex, Hokkaido, Japan

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本地質学会学術大会講演要旨

    日本地質学会学術大会講演要旨 114, 167, 2007-09-01

    日本地質学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006435447
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10269961
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ