レイプの神話学 : 新たな「レイプ神話」の誕生 La mythologie du viol : la naissance d'un nouveau 'mythe du viol'

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿の課題はただ一つである。近年のレイプ・レイピスト研究-ことに精神病理学者によるそれ-によってレイプから剥脱された性的意味を、レイプと不可分のものとして再認知することがそれである。レイプの(脱性化)(desexualization)を推し進める方向を強めた諸研究の限界を明らかにすると同時に、レイプが当然性的意味をもつことを論証する。

収録刊行物

  • 帯広畜産大学学術研究報告. 人文社会科学論集

    帯広畜産大学学術研究報告. 人文社会科学論集 10(4), 192-116, 2001-03-25

    帯広畜産大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006455495
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10175777
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13432303
  • NDL 記事登録ID
    5839049
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-609
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ