倫理委員会の機能と社会的責任についての論考 : 生体部分膵からの膵島移植を例として  [in Japanese] The function and social responsibility of institutional ethics committees : The case of living related pancreas islet transplantation  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 赤林 朗 AKABAYASHI Akira
    • 東京大学大学院医学系研究科、健康科学・看護学専攻、医療倫理学分野:京都大学大学院医学研究科、社会健康医学系専攻、医療倫理学分野

Abstract

世界初の先端的医療の実施申請を受けた、医系大学の倫理委員会が果たすべき役割とは何か。平成14年11月から15年10月にかけて、京都大学大学院医学研究科・医学部医の倫理委員会は、「インスリン依存状態糖尿病に対する生体部分膵からの膵島移植の実施」について審議を行なった。本報告では、その審議経過を概観し、生体膵島移植実施申請を一例として、日本における施設内倫理委員会の果たすべき役割と社会的責任について論じる。そして「倫理委員会が適切に機能することは、ある新しい医療技術が社会的に信頼された形で定着して行く際の必要条件である」という仮説を提唱した。生体膵島移植の例は、生体肝移殖の例に加え、この仮説をさらに確かなものにした事例と考えられる。

What is the role of an ethics committee in reviewing a proposal for the first trial in the world of an advanced medical technology? From November 2002 to October 2003, the Ethics Committee of the Kyoto University Graduate School and Faculty of Medicine reviewed a protocol entitled, "Living related pancreas islet transplantation for insulin dependent Diabetic Mellitus patients." This report provides an overview of the review process and then discusses the role and social responsibility of ethics committees in Japan. A hypothesis is presented, which asserts that an appropriately functioning ethics committee is necessary to facilitate the implementation of a given advanced medical technology. The case of pancreas islet transplantation is shown to support this hypothesis.

Journal

  • Bioethics

    Bioethics 14(1), 100-106, 2004

    Japan Association for Bioethics

References:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006457533
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10355291
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    1343-4063
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top