生殖補助医療における情報提供の在り方に関する検討 : 多胎妊娠等のリスク情報に着目して  [in Japanese] Ethical consideration for ART information : focus on risks of "multiple pregnancy" and "fetal reduction"  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年、生殖補助医療技術は急速に進歩し、不妊カップルが子どもをもうける選択肢の一つとして社会に浸透しつつある。しかしながらその一方で、排卵誘発剤の使用や体外受精-胚移植(IVF-ET)療法に伴う「多胎妊娠」「減数手術」という深刻な問題を生み出している。本研究では、生殖補助医療に際して、当事者である不妊カップルがどのような情報に基づき意思決定を行なっているのか、特に多胎妊娠のリスクについて十分な情報を得ているかに着目し、調査研究を行なった。生殖補助医療に関する情報は、一般書籍やインターネットを通じて自ら収集する以外では、不妊治療を受ける際の専門医からの説明が最も重要であると考えられる。そこで、インフォームド・コンセントの際に多胎妊娠等のリスク情報がどのように説明されているかを説明資料をもとに分析した。その結果、生殖補助医療に関する意思決定に際して、事前に多胎妊娠等のリスク情報が十分に知らされていない可能性があることが明らかとなった。

Assisted Reproductive Technology (ART) treatment has made remarkable progress and is rapidly infiltrating into society as one of the choices for inducing pregnancy. On the other hand, ART technology raises serious issues, such as "multiple pregnancy" and "fetal reduction" due to the use of ovulatory drugs or treatment with IVF-ET. This report discusses the kind of information which will be available to patients when making decisions about ART treatment. Especially, we will describe the quality and the quantity of the information about risks of multiple pregnancies. This information has been collected from papers for informed consent that are considered as one of the most important information sources for patients, in addition to gathering it by themselves with books or internet. In conclusion, we have suggested that patients are not sufficiently informed about the risks of multiple pregnancies and so forth, when they make decisions to select ART treatment.

Journal

  • Bioethics

    Bioethics 14(1), 118-124, 2004

    Japan Association for Bioethics

References:  14

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006457536
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10355291
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    1343-4063
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top