陸中海岸におけるイルカ漁の歴史と民俗(上) History and Folklore of Catching Dolphins at Rikuchu-kaigan (1)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

日本列島の太平洋側東北部に位置する陸中海岸には、リアス式の海岸線が織り成す多くの入り江がある。なかでも岩手県下閉伊郡の山田湾には、暖流に乗って回遊するイルカがしばしば「浦入り」をしてきた。湾に面した大浦集落では、これを網で囲って海岸にまで追い込んで捕獲する、イルカ追い込み漁が近世の早い時期から行なわれており、この種の漁法としては日本の最北端での実施例に位置づけられる。村内外の出資者が金本、村内の有力者が瀬主(網元)となり、集落全戸が参加して行なう大規模な漁であり、時には一度に数千頭の漁獲があった。盛岡藩には、年間五貫文の礼銭を納入して漁の権利を確保したが、藩も新規参入者を認めず村方を支持して漁を継続させた。漁の収益は全戸に配布され、公共の用途にも使用された。明治以降、岩手県の水産行政ではイルカ漁は坪外に置かれたため、漁は慣例に従って続けられていたが、いわゆる旧漁業法が施行されてイルカ漁の位置づけも明確になり、正規の漁業権が確立した。本稿では、この過程を史料に基づいて跡づけるとともに、村落をあげての集団漁労活動の意義と、漁民のイルカ観を考える。なお、大浦におけるイルカ漁は、大正期に入ってからは数回の捕獲記録を残すのみとなり、昭和以降は全く行なわれなくなった。

収録刊行物

  • 静岡産業大学情報学部研究紀要 = Bulletin of Shizuoka Sangyo University

    静岡産業大学情報学部研究紀要 = Bulletin of Shizuoka Sangyo University 9, 266-225, 2007-01-01

    静岡産業大学情報学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006459143
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12128685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • NDL 記事登録ID
    8741048
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-C420
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ