在宅認知症高齢者に関する学際的チームアプローチの質評価枠組みの開発-文献研究と専門職インタビュー調査から-  [in Japanese] Development of Evaluation Framework for Assessment of the Quality of Interdisciplinary Team Approach for At-Home Demented Elderly : From Literature Research and Interviews for Health Professionals  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究の目的は,在宅認知症高齢者に関する学際的チームアプローチの質を評価する枠組みの開発を行うことである。方法は,データベースによる文献検索から24文献,ハンドサーチから20文献,計44文献を国内外から収集し,それらの要約と統合を行い,在宅認知症高齢者に関する学際的チームアプローチによる成果(outcome)に基づく質評価の枠組みを作成した。さらにその妥当性の検討のために,計16名の保健医療福祉の各専門職実践家にインタビュー調査を行った。文献の統合により,outcome評価の具体的項目を分類し,抽象度を上げていき,在宅認知症高齢者に関する学際的チームアプローチの質評価の大・中・小項目にわたる枠組みを作成した。その結果,質評価枠組みの大項目は,次の9項目の大項目で構成されるものとなった。「I.認知障害と記憶障害とともに生きること」「II.認知と記憶の状況が見守られること」「III.認知と記憶障害に関連する問題を解決すること」「IV.活動的であること」「V.認知症以外の合併症のリスクを減らすこと」「VI.決定する力をもつこと」「VII.意思疎通できること」「VIII.活動と参加の能力を促進すること」「IX.心地よくあること」。また,各々の中・小項目では,在宅認知症高齢者の日常生活全般にわたる医学面,生活行動・活動,心身の機能,コミュニケーション,生活の質(QOL)などの側面が含まれ,日常生活全般にわたり認知症高齢者が前向きに生活する姿をoutcomeとしてケアの質を評価するものとなった。専門職へのインタビュー結果から,この枠組みは支持された。しかし,在宅認知症ケアの実践現場において質評価上不可欠とされたのはケアマネジメントの視点であることが共通にあげられ,最終的に「X.ケアマネジメントされること」を加えた10項目の大項目で構成される枠組みが作成された。今後,各々の質評価の柱に沿った具体的なケア内容,評価指標と時期,職種ごとのケアの専門性について具体化することが必要である。

The purpose of this research is to develop a framework that evaluates the quality of outcome of the interdisciplinary team approach for demented elderly living at home. We collected and reviewed 24 article from the database, 20 article from hand searches totaling 44 article from Japan and abroad. We also interviewed 16 health and social welfare professionals about the validity of the framework. From the summaries and integration of these articles, we developed a quality evaluation framework based on the outcome of the interdisciplinary team approach for demented elderly living at home. The framework consists of the following nine criterion : I. Living with cognition & memory disorder, II. Monitoring cognition and memory disorder, III. Problem-solving related to cognition and memory, IV. Being active, V. Reduction of risk of another illness, VI. Autonomous decision making, VII. Being able to communicate, VIII. Promoting abilities for activities and participation, IX. Being comfortable. This quality evaluation framework also consists of the following aspects : living actively, medical conditions, mind and body functions of whole daily life, communication and QOL. This framework was found to be appropriate by the interviewed professionals. However, as the care practitioners did suggest "Well care management" as an essential point of view, we added it as the tenth criteria of the framework. It is necessary to develop the actual content of care based on each criteria, each of the evaluation indicators and the evaluation period, and specialty of each profession in the future.

Journal

  • Journal of St. Luke's Society of Nursing Research

    Journal of St. Luke's Society of Nursing Research 10(1), 23-36, 2006

    St. Luke's College of Nursing

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006471201
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11289598
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13441922
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS 
Page Top