エビデンスに基づいたガイドラインの評価 : 低リスク妊娠における適切な分娩時胎児モニタリング(第7回聖路加看護学会学術大会) Evidence-based Guidelines for Use of Electronic Fetal Monioring (EFM) : Appropriate Use of Electronic Fetal Monitoring in Low Risk Pregnancies

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

目的 : 電気的胎児心拍数モニタリング(Electronic Fetal Monitoring : EFM)は世界各地で多くの医療機関に普及し、日本においてもほとんどの産科施設に備えられ、ルチーンに用いられている場合も多い。しかし分娩管理における有効性と安全性については、偽陽性率が高いこと、EFM使用により機械的分娩率が上昇すること等の問題点が指摘されている。そこでEFMに関する内容を含む分娩管理に関する各種ガイドラインの質評価を行い、低リスク妊娠の分娩管理において、EFMがどのような位置付けにあるかを比較検討することにより、低リスク妊娠での今日におけるEvidence-basedのEFM適用基準・使用方法を明らかにすることを目的とした。方法 : EFM適用に関する内容を含む分娩管理に関するガイドラインを、データベースのエレクトロニック・サーチ及びこれらの検索で得られたガイドラインのReferencesチェックにより収集した。得られたガイドラインについて、2種のガイドライン採点方法を用いた採点と、ガイドラインのエビデンス比較により質評価を行った。結果 : 採点結果及び勧告内容とエビデンスの比較結果による総合評価から、Evidence-basedのガイドラインとしてRoyal College of Obstetricians and Gynaecologists (RCOG) によるガイドラインが最も質が高く、次にSociety of Obstetricians and Gynaecologists of Canada(SOGC)によるものが優れたガイドラインであった。これらのガイドラインでは低リスク分娩でのEFMのルチーンな使用は推奨されておらず、間歇的聴診法(lntermittent Auscultation : IA)を推奨していた。結論 : 低リスク妊娠における分娩時胎児モニタリングに関する第一選択は、入院時スクリーニング・分娩中胎児監視いずれの場合でも間歇的聴診法であり、分娩時におけるEFMの適用は、母体・胎児のリスク評価により適切に症例を選択して行われるべきである。

Objectives : Electronic fetal monitoring (EFM) with the cardiotocography is widely used monitoring methods in most of hospitals in developed countries. In Japan, most obstetric units are equipped with EFM and EFM monitoring becomes a routine procedure in many units. Despite its prevalence, the effectiveness and safety of its usage are questionable. Some literature pointed out the false positive rate and increase of mechanical delivery as a result. The purpose of this study was to identify evidence based application criteria and usage of EFM. Quality assessment on the practice guidelines for labor and delivery management involving EFM was implemented. The guidelines for use of EFM in low risk deliveries were compared and evaluated. Methods : Practice guidelines for the management of labor were collected by electronic database search and from references of the retrieved guidelines. The collected guidelines were evaluated based on two kinds of checklists and quality of evidence included in the guidelines. Results : The most well-designed, and evidence-based guideline with the highest quality was the guideline The Use of Electronic Fetal Monitoring' developed by the Royal College of Obstetricians and Gynaecologists followed by Fetal Health Surveillance in Labour' developed by the Society of Obstetricians and Gynecologists Canada. In those guidelines, the routine use of EFM for low risk labor was not recommended, instead they recommended the intermittent auscultation. Conclusions : In low risk pregnancies intermittent auscultation is the first choice for fetal monitoring on both admission screening and throughout labor. The routine use of EFM must be limited to high risk pregnancies. The use of EFM during labor needs to be considered based on the risk factors of mother and fetus in each case.

収録刊行物

  • 聖路加看護学会誌

    聖路加看護学会誌 6(1), 34-43, 2002-06-30

    聖路加看護大学

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006471229
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11289598
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    13441922
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ