民国初期における国語の形成--胡適、黎錦煕を中心として  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

清末以降、中国では様々な問題が発生した。その中の一つに"国語"の問題がある。その当時の知識人達は、どのようにこの問題に対処し、解決を模索していったのであろうか。この論文では民国初期にこの問題で活躍した二人の知識人、胡適、黎錦熙が、どのようにして"国語"を生み出そうとし、普及させようとしたのか、またその"国語"は一体誰の為のものであったのかを、その当時に二人が発表した文章、論文に沿いながら、検討していきたい。国語国文語体文注音字母

Journal

  • The Bukkyo University Graduate School review

    The Bukkyo University Graduate School review (32), 57-70, 2004-03

    Bukkyo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006472496
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10439551
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13442422
  • NDL Article ID
    6985754
  • NDL Source Classification
    ZH7(哲学・宗教--宗教--仏教)
  • NDL Call No.
    Z9-287
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top