『〔ホキ〕内伝』の宗教世界  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

『簠簋内伝』は「宣明暦」の注釈書として編纂され、中世における陰陽道の重要なテキストとされてきた。しかし、これまでその内容について深く論じられることはなく、巻一に牛頭天王縁起が収録されていることから、祗園社を中心とした牛頭天王信仰の側からの論考が主であった。そこで、本書が暦注の書であることからも、その暦注の部分に改めて注目し、『簠簋内伝』の牛頭天王縁起を祗園社の由来譚としてではなく、暦注の典拠として読み解いていき、そこからこれまで触れられる事のなかった『簠簋内伝』の宗教世界に迫っていきたい。陰陽道『簠簋内伝』牛頭天王暦注祗園社

Journal

  • The Bukkyo University Graduate School review

    The Bukkyo University Graduate School review (33), 33-48, 2005-03

    Bukkyo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006472583
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10439551
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13442422
  • NDL Article ID
    7336593
  • NDL Source Classification
    ZH7(哲学・宗教--宗教--仏教)
  • NDL Call No.
    Z9-287
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top