鈴木三重吉研究--描写論を中心に  [in Japanese] On Research into Miekiti Suzuki  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

今回は、鈴木三重吉研究、わけでもその描写論を中心に論究することにする。筆者は鈴木三重吉「赤い鳥」の会に所属しつつもその研究を深めることには今ひとつ不足していた憾みを感じている。したがって、今回は、三重吉の処女作でもある「千鳥」を中心にその文学的な背景を明らかにすることに努力を傾注した。ともすれば鈴木三重吉の文学的な活動のみならず、三重吉の文学的な意味までも忘却されているのが実状である、といってもいいのではないだろうか。最近の文学作品を読んでみてもその文体が暖昧であることに逢着する。それに対して、三重吉の文体の確かきには多くの学ぶ点があるのではないのか、というのが筆者のそもそもの出発である。それと写生文という運動を再評価したい、というのも筆者の研究の動機でもある。したがって、今回は、「赤い鳥」綴り方運動の前段の作業として位置づけ、三重吉の文学活動を作品に即しつつ深めながら、その文章の特質を明確にすることを目的とするのである。さらには、この文学的な活動の延長線上に子どもへの綴り方指導の基礎的指導を構想したものとして位置づけることになる。三重吉の作品分析を単に分析のみに終わらせることなく、この文学的な三重吉の営為から、子どもへの綴り方指導論が成熟するきっかけとして把握できる、との仮説を持っていることを述べておく。写生文「千鳥」花魁憂い式描写風景叙写

Journal

  • Journal of the Faculty of Education

    Journal of the Faculty of Education (10), 1-18, 1999-03

    Bukkyo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006472683
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10178571
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    09163875
  • NDL Article ID
    5522276
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-2875
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top