自主的な市民活動としての「子育てサークル」--当事者活動による社会変容の可能性に向けて(1)  [in Japanese] Volunteer Childcare Groups : Possibilities for Social Change (I)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

この小論の目的は,近年重要と考えられているボランティア活動やNPO・NGO活動などの自主的な市民活動の可能性を探るために,「子育てサークル」Aを事例として検討することにある。Aの設立者と参加者に自由記述およびインタビュー調査を行った結果,活動内容(理念),運営手段(場所の確保・毎回の参加・掲示板・勧誘・連絡係)双方とも,設立者の役割は大きいと考えられる。しかし,参加者はサークルの活動内容(理念)に共感しており,運営についても消極的な姿勢だけではないところが見受けられる。市民活動当事者活動子育てサークル

Journal

  • Journal of the Faculty of Sociology

    Journal of the Faculty of Sociology (41), 75-88, 2005-09

    Bukkyo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006472943
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10404127
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    09189424
  • NDL Article ID
    7944995
  • NDL Source Classification
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL Call No.
    Z6-541
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top