都市域森林群落における外来種トウネズミモチ Ligustrum lucidum Ait.の分布と生態的特性 : 在来種ネズミモチLigustrum japonicum Thunb.と比較して Habitat and ecological characteristics of the alien species Ligustrum lucidum Ait. in urban forests in Japan : comparison with native Ligustrum species

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 伊藤 千恵 Ito Chie
    • 横浜国立大学大学院環境情報学府 Graduate School of Environment and Information Sciences, Yokohama National University
    • 藤原 一繪 Fujiwara Kazue
    • 横浜国立大学大学院環境情報研究院 Faculty of Environment and Information Sciences, Yokohama National University

抄録

トウネズミモチは、中国原産の外来種で、街路樹などに植樹されてきたが、その後植栽地から逸出し分布拡大している。また、都市域の森林群落ではトウネズミモチの実生個体が多く、将来群生地を形成する可能性のある種である。そのため、生活形の似ている常緑小高木で同属在来種のネズミモチとの比較から、トウネズミモチの侵入の実態をとらえ、生態学的特性を解明するため、都市域森林群落における生育地、種子散布特性、発芽特性、初期生存率についての調査・実験を行った。調査の結果、トウネズミモチはネズミモチに比べ小さな果実(長径:6.55±0.68mm、短径:5.53±0.55mm)を多数つけており、ヒヨドリ、メジロ、シジュウカラなど205個体(総観察時間22.5時間)の採餌が確認でき、ネズミモチに比べ果実採餌鳥類種数、個体数ともに多く観察され、多数の種子が鳥類により野外に散布されていると考えられる。トウネズミモチの発芽は、光条件の影響を受けないことが示されたため、森林群落の林床においても発芽可能であると考えられる。一方、実生の生存率は林内(相対光量子束密度4.1%)と林縁(相対光量子束密度16.4%)で有意な違いがみられた。また、トウネズミモチはロジスティック回帰分析の結果、相対光量子束密度6.3%以上で出現頻度が50%(コドラート面積25m^2)を超えることを示した。DBHも相対光量子束密度と正の相関が得られた。トウネズミモチの出現、成長には、光量が重要な要因としてかかわっていたことから、トウネズミモチは実生の成長段階において光要求性の高い種であることが示された。すなわち、閉鎖林冠下などの光条件が悪い場所では成長の段階で枯死する可能性が高く、新たな定着は難しいと考えられる。一方、実生の生存率が高い光条件が良好な場所では、高い定着率であることが予想され、実生は成木へと成長していくことが十分に可能であり、今後新たに個体数が増加する可能性が考えられる。

Ligustrum lucidum, originally from China, was planted as a roadside tree and has now naturalized and spread into Japanese urban areas. L. lucidum seedlings are frequently seen in urban areas and may create colonies. Therefore, the ecological characteristics of L. lucidum, such as seed dispersal, germination, and seedling survival rates, were compared with those of native L. japonicum. In comparison with L. japonicum, L. lucidum produces many small fruit (fruit length 6.55±0.68mm, fruit diameter 5.53±0.55mm), and numerous birds were observed eating the fruit (205 individuals/22.5 hours). The results suggest that birds disperse many seeds of L. lucidum. L. lucidum germinated under shady conditions, but the seedling survival rate in a forest was significantly lower than at the forest edge. The frequency of presence increased with the amount of light. The logistic curve showed that the frequency of presence reached 50% when the relative photosynthetic photon flux density (RPPFD) exceeded 6.3%. Light also affected the size of L. lucidum saplings. This suggests that L. lucidum is a light-requiring species, for which establishment is difficult and mortality is high under shady conditions. Under bright conditions, it can establish and grow well, and will probably spread further in the future.

収録刊行物

  • 保全生態学研究

    保全生態学研究 12(2), 143-150, 2007

    一般社団法人 日本生態学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006474150
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11857952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1342-4327
  • NDL 記事登録ID
    9297075
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-B498
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ