占領期九州地区検閲台本群-ダイザー・コレクション-の再整理と公開(<特集>コレクションの構築と運営) Introduction to Dizer Collection : reorganization of the censored theatrical scripts in Kyushu area during the Occupation(<Special feature> Special collection development management)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

早稲田大学演劇博物館に所蔵する資料群「九州地区劇団占領期GHQ検閲台本」は,戦後期の地方演劇文化を知る上で有用な資料である。「ダイザー・コレクション」とも呼ばれるこの資料群は,プランゲ・コレクションと同様,研究資料としてアメリカへ移送されたものである。歴史的背景を確認した上で,関連資料にもとづきコレクション成立の経緯をたどる。再整理作業では目録データと原物資料と突合しつつ,新たな情報の採取を行い,さらに電子撮影を行った。本資料群の資料性を,原物資料の特長や,目録データによる資料構成から考える。配架状況や運用方法についても触れる。

The Theatre Museum of Waseda University owns the censored theatrical scripts in Kyushu area during the Occupation. These scripts are useful because they demonstrate the local theatrical culture in the postwar period. They were transported to the United States for the purpose of researches and sent back to Japan in the '80s. In this article, we call the scripts "izer Collection" after the way in which the scripts were left. We first clarify a historical background of the Dizer Collection compared with the Prange Collection, and trace the process in which the collection was formed. Secondly, I discuss our working of the re-organization for the censored scripts. We collated them with catalog records, and new information was gathered. In addition, we digitalized the scripts. The value of scripts for researches is examined from the viewpoint of group composition by catalog information. We also mention the present status of shelving and utilization of collection.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 57(12), 567-574, 2007

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006478561
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    9267856
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ