3G3-C1 科学技術問題の社会的意思決定における「問題を定義すること」の学習を支援するカリキュラム : 原子力発電問題を取り上げた事例の開発(教育実践・科学授業開発V,一般研究発表,転換期の科学教育)  [in Japanese] 3G3-C1 Curriculum for Learning about "Defining Problems" in Social Decision Making on Socioscientific Issues : Development of the Case about Atomic Power Problem  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

筆者らは, CSCLシステムのKnowledge Forumを小学校へ導入し,総合的な学習の時間における遺伝子組み換え食品問題を素材とした単元開発を行ってきた.これまでに現実社会の諸問題について,解決策を見出していくことに重点を置いた実践を行ってきたが,問題そのものを定義する授業デザインはなされていない.そこで,原子力発電をテーマにして,節電や安全性の強化,他の発電方法とのベストミックスなど,これからの電力供給や消費について,解くべき問題を学習者自身が定義することをねらいとした単元を開発し,実践した.

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 31(0), 441-442, 2007

    Japan Society for Science Education

References:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006481599
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1035926X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    2186-3628
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top