小学校理科eラーニングサイト「理科ネット」の利用と理科の学習効果に関する分析  [in Japanese] Science Net : Analyze of Relationship between the way of using an e-Learning System and Science Performance of Elementary School Students  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では, 1年間,筆者らが開発してきた小学校理科eラーニングサイト「理科ネット」を,授業の予習や復習の目的として利用してきた児童と予習や復習以外の目的として利用してきた児童,全く利用しなかった児童の3群を対象に, 1年間を通じて実施する理科の学力テスト等の結果に差異があるか追究した.その結果, 1年間「理科ネット」を予習や復習の目的として利用してきた児童は,それを全く利用しなかった児童に比べて理科のテストの平均点が高く,さらに,「理科ネット」利用者は,それを全く利用しなかった児童よりも平均点が高いことが明らかになった.

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 31, 489-490, 2007-08-17

    Japan Society for Science Education (JSSE)

References:  2

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006481623
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1035926X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Proceedings
  • ISSN
    09134476
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top