新潟県内の臨床研修に関するアンケート調査 (シンポジウム 新卒後臨床研修制度の現状と問題点)  [in Japanese] Questionary survey about the clinical training in Niigata  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 渡邉 健吾 WATANABE Kengo
    • 新潟県福祉保健部医薬国保課 Medical and Pharmaceutical Affairs and National Health Insurance Division of Department of Health and Social Welfare of Niigata Prefectural Government

Abstract

臨床研修制度の改善点を探るため,県内全ての2年目の臨床研修医を対象にアンケート調査を行った.対象者数は96名,回答者数は38名,回収率39.6%であった.「研修体制等の評価」については,「指導医から十分に教えてもらえる」,「研修に必要な手技(症例)の経験が十分」等の理由で55.3%が満足し,「研修に必要な手技(症例)の経験が不十分」,「受け入れ体制が十分整っていない」等の理由で28.9%が満足していない.「プログラムの評価」については,「プライマリ・ケアの能力がよく身につけられる」,「希望する科を選択できる」等の理由で45.9%が満足し,「1分野あたりの研修期間が短い・長い」等の理由で35.1%が満足していない.今回の調査によりこのような改善すべき点が指摘され,再検討・改善が各臨床研修病院に望まれている.また,今回の調査で地域医療研修に関しては,8割を超える研修医が地域医療に興味を持ち,将来,約半数の研修医が地域医療勤務を前向きに考えている点は,魅力ある地域医療研修が,医師の地域偏在解消にとって有効な対策の1つであると考えられる.最後に,臨床研修終了後の進路については,7割が県内,2割が県外と回答した.医師確保を行うためには,臨床研修病院と関係機関が連携,上記の指摘事項の改善を図る必要がある.

Journal

  • Niigata medical journal

    Niigata medical journal 121(5), 239-242, 2007-05

    Niigata University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006483745
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00182415
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    特集 // 会議録・学会報告
  • ISSN
    00290440
  • NDL Article ID
    8936372
  • NDL Source Classification
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL Call No.
    Z19-254
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top