統計、道徳、社会、そして教育--19世紀ドイツ道徳統計論史から  [in Japanese] Statistics, moral, social, and education: the perspective of social and education in moral statistics in German  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文は、ドイツ道徳統計論を分析することで、教育思想における「社会」の歴史的な意味を明らかにすることを目的とする。道徳統計とは、慣習-特に犯罪や非行、自殺など-を対象とした統計であり、その目的の一つは公教育と非道徳的な行為の関係を「客観的」に分析することであった。「道徳統計」という名前を広めたのはA・M・ゲリーであるが-彼は1830年にパリでの講演において犯罪数における規則性を議論した-、その方法を「社会物理学」として洗練させたのはA・ケトレーであった。しかし、彼は大数における人間行為の規則性を強調したので、結果として、彼の理論は人間の自由意志を否定し、決定論を肯定するものであった。このような観点から-公教育における徳育の必要性は主張するが-ケトレーは、犯罪を防止する手段としての教育の重要性に疑問を持ったのである。ケトレーの理論は1860年代にドイツに紹介される。しかし、大部分のドイツの統計家たちはその決定論的な見方を拒否した。彼らはケトレーの決定論に対して、カントの道徳哲学を基盤にしながら自由意志を肯定したのである。このような自由意志論争において、A・エッティンゲン-彼は神学者であるが-は道徳統計に現れる規則性を「社会倫理」と見なした。彼はケトレー的決定論もカント的な観念論的アトミズムも否定し、人間を社会関係から観察することを意図する社会倫理学を提唱した。彼にとって「社会」とは慣習の謂いであり、それは人倫性に影響を与えるべきものであった。いわば、彼は「社会」の概念を、「慣習-人倫性」についての観念論の考えを参照することで発明したのである。「社会」の観点からエッティンゲンは新しい道徳教育論を示唆した。彼によれば、社会だけが人間の良心に影響を与え、人々を道徳化することが可能であり、それゆえ教育は社会と連接しなければならないのである。社会統計学を体系化したG・マイヤー-後に彼はドイツ統計学会の初代会長となるのだが-の統計論はこの延長上にある。マイヤーの理論においては、もはや人間の自由意志には積極的な意味は与えられず、人間の道徳性に関わる問題はもっぱら社会関係のそれとして考察される。このような彼の理論は、こと教育論に関しては、教育というものがその個人のみならず彼/彼女を取り囲む環境に対する配慮を含みこまなければ存立不可能であるということを示しているであろう。以上、道徳統計論は、教育の新しい概念を発明し、後には自明のことと見なされてしまうような「教育と社会」のパースペクティブを準備したと言えるのである。

In this paper, the writer has attempted to clarify the historical meaning of "social" in educational thoughts by analysis of the theories of moral statistics (Moralstatistik). Moral statistics was statistics of customs (Sitte), especially of crimes, delinquency, suicide etc., and one of the purposes of the statistics of moral was to analyze objectively the relation between public education and such indecent behaviors. While A.M. Guerry, who discussed regularity in the number of crimes in his speech in Paris in 1830, popularized the name of "moral statistics", it was A. Quetelet who refined the method of it as "social physics". Quetelet mainly emphasized the regularity in human activities in mass number, so his theory consequently denied free will and affirmed determinism. From this respect, Quetelet doubted the importance of education as a means to prevent crimes, though he maintained needs of moral education in public education. In 1860's, Quetelet's theory was introduced into German, but most of German statisticians rejected its deterministic perspective. In the discussion of free will, A. Oettingen, who was a theologian, regarded regularity in moral statistics as "social ethics". He denied both Quetelet's determinism and Kant's idealistic atomism. For him, "social" means -in a idealistic theory's word- customs (Sitte). It should influence morality (Sittlichkeit). So to speak, he invented the concept of "social" by referring to idealistic theoris on "customs-morality (Sitte-Sittlichkeit)". In the point of view of "social", Oettingen suggested a new theory of moral education. According to him, education should be connected to social, because it was only social that could influence conscience (Gewissen) and moralize people. G. Mayr, who systemized social statistics and became the first president of the society of statistics in German, tried to grasp social by statisticsal method. Accoring to him, free will of every person was not needed to count and he discussed social problems not in the perspective of morality of a person but in that of his social relations. His theory implied that eduction must mean not only to educate a person but also to create good social relations and corrective education was one of the ways of such desirabele education. Thus, the theory of moral statistics invented a new concept of education and it prepared the perspective of "social and education", which would be taken for granted afterwards.

Journal

  • Nagasaki International University review

    Nagasaki International University review 7, 85-97, 2007

    Nagasaki International University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006484178
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11766493
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13464094
  • NDL Article ID
    8761021
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z71-F36
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top