人形浄瑠璃とロボットアニメ : 身体性と投影の視点から Ningyo Joruri (Japanese Puppet Drama) and Robot Anime : Viewed from Somatic Aspect and Projection

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

人形浄瑠璃とセルアニメに関する深層心理学的考察の端緒として、ユング心理学における「リビドーの投影」を手がかりに、人形やアニメのロボットがどのような投影を引き受けたのか考察を試みた。リビドー表現の例としてマンガの超能力表現が非定型のエネルギーから人間型に展開した作品を紹介した。人形への投影はインドネシアのワヤン・クリも参照して検討し、人形浄瑠璃とロボットアニメの特性を比較した。

As a preliminary study about Ningyo Joruri (Japanese Puppet Drama) and Japanese Animation, the author examined the quality and content of projection attatched to them. The concept of "projection of libido" in Jungian psychology was utilized as a clue to understand how the somatic aspect expression shifts from formless energy to humanoid figure, refering to a Manga expression of superhuman ability. Indonesian shadow play, Wayang Kulit, was suggestive as an example of projection to puppet figure(s). Difference between the two was listed out.

収録刊行物

  • 人間学研究

    人間学研究 7, 103-114, 2006

    京都文教大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006484872
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11469829
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • NDL 記事登録ID
    8979602
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-M307
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ