植民地期ペルーにおける「偶像崇拝・魔術」撲滅巡察史 Una breve historia sobre extirpacion de idolatrias y hechicerias del peru colonial

この論文をさがす

抄録

植民地ペルーにおける「偶像崇拝・魔術」撲滅巡察の歴史は、16世紀から18世紀中頃までの約250年あまりである。しかし、そのもっとも最盛期は17世紀初頭から17世紀中ごろまでの約50年間である。本稿ではその50年間を中心に、巡察の歴史を概観したい。なお、参照した先行研究としてピエール・デュビオルの『アンデスの文化と抑圧』、ケネス・ミルズの『偶像崇拝とその敵』をあげておく。

収録刊行物

  • 紀要. 地域研究・国際学編

    紀要. 地域研究・国際学編 39, 247-266, 2007

    愛知県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006486423
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10473549
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13420992
  • NDL 記事登録ID
    9684640
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZG1(歴史・地理)
  • NDL 請求記号
    Z22-618
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ