植民地期ペルーにおける「偶像崇拝・魔術」撲滅巡察史  [in Japanese] Una breve historia sobre extirpacion de idolatrias y hechicerias del peru colonial  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

植民地ペルーにおける「偶像崇拝・魔術」撲滅巡察の歴史は、16世紀から18世紀中頃までの約250年あまりである。しかし、そのもっとも最盛期は17世紀初頭から17世紀中ごろまでの約50年間である。本稿ではその50年間を中心に、巡察の歴史を概観したい。なお、参照した先行研究としてピエール・デュビオルの『アンデスの文化と抑圧』、ケネス・ミルズの『偶像崇拝とその敵』をあげておく。

Journal

  • The Journal of the Faculty of Foreign Studies,Aichi Prefectural University Area studies and international relations

    The Journal of the Faculty of Foreign Studies,Aichi Prefectural University Area studies and international relations (39), 247-266, 2007

    Aichi Prefectural University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006486423
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10473549
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13420992
  • NDL Article ID
    9684640
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZG1(歴史・地理)
  • NDL Call No.
    Z22-618
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top