City Compiler : 情報空間と実空間の統合的な設計/開発ツールの構想と設計 City Compiler : A Tool for Integrated Software Development and Real Space Design

この論文をさがす

著者

抄録

現在,実空間の設計では社内コミュニケーション活性化を目的とした情報システムの導入など,実空間の設計と共に情報システムの開発が行われるようになってきた.また,ユビキタスコンピューティング環境は,多様なメディアとスケールによって構成される実空間で動作する情報システムであるが,現在そのような多様なメディアやスケールを用いて情報システムと実空間を統合的に設計/開発する手法は確立されておらず,それぞれ異なった手法で構築されている.そこで本研究では,情報空間と実空間の統合的な設計/開発を実現するソフトウェアCity Compilerと,City Compilerを用いた設計/開発手法であるCity Debuggingを提案し,その構想と設計について述べる.

Recently designing real space has became embraces software development. For instance, in-house SNS could encourage real communication as changing office layout. Also, ubiquitous computing system could be taken as "software running in real space" composed of various media and scale. But there is no established way and tool for integrated software development and designing real space, with various media and scale. In this paper, we describe the plan and a design of a tool "City Compiler" which integrates software development and real space design, with various media and scale. Also we introduce a usage of City Compiler, called "City Debugging".

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理

    電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理 107(353), 5-10, 2007-11-19

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006533102
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013061
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9293944
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ