学校教育における情報リテラシ-育成の必要性 : 東京学芸大学附属小金井小学校の図書館利用教育の実践例 The Need of Information Literacy Training in School Education : A Case Study of Library Instruction at Koganei Elementary School of Tokyo Gakugei University

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

この小論は学校教育において情報リテラシ-を育成する事の必要性と2004 年から2007 年7 月にかけて行った東京学芸大学附属小金井小学校図書館における「図書の時間」および教科・領域とかかわって行った図書館利用教育を情報リテラシー育成の一端として行った実践を紹介したものである.「図書の時間」における図書館利用の習慣化,国語の教科書に題材としてでている図書館利用指導について,低学年における分類,配架,請求記号の読み取り,小学3 年生の校外学習や国語科と連動した図鑑指導とパスファインダーの提示,小学4 年生の分類演習活動を取り入れた日本十進分類法(NDC)の指導,日常活動における情報リテラシーの示唆の事例をあげた.学校教育から生涯教育へ移行するために,課題解決のプロセスを学ぶ,学び方の学習すなわち情報リテラシーの育成が小学校の指導として可能であり,また欠かせないことを強調した.

収録刊行物

  • 文教大学教育学部紀要

    文教大学教育学部紀要 41, 107-115, 2007-12-20

    文教大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006535020
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00221889
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03882144
  • NDL 記事登録ID
    9481552
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-469
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ