オンライン手話通訳における機器類の配置に関する検討 Spatial Configurations of Equipment Used in Online Sign Interpretation

この論文をさがす

著者

抄録

本報告は,オンライン手話通訳サービスのためのテレビ電話の機器類の配置法について議論する.最初に通訳サービスにおいて生じる状況を,対面通訳,部分的オンライン通訳,完全オンライン通訳の3つに分類した.次に,ノンヴァーバル情報の交換の容易さに着目し,各状況に対応する機器類の配置法を定義した.これらの配置法で手話通訳サービスをシミュレーションし,さらに被験者による主観評価をおこなった.聴者による評価結果から,直接の対話者ではない聴覚障害者との間でノンヴァーバル情報を交換できるような配置法が好まれることが示された.

This paper discusses the design of configurations of videophone equipment aimed at online sign inter-pretation. Situations that occur in interpretation service were classified into three types : on-site interpretation, partial online interpretation, and full online interpretation. For each situation, the spatial configurations of the equipments are proposed keeping the issue of non-verbal signals in our minds. Simulation experiments of sign interpretation were performed using these configurations and the qualities of the configurations were assessed. The preferred configurations had the common characteristics that the hearing subject could see the face of his/her primary conversation partner, that is, the deaf subject. The results imply that hearing people who do not understand sign language utilize non-verbal signals for the progression of interpreter-mediated conversation.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理

    電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 107(369), 85-90, 2007-11-29

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006549226
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487237
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9327104
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ