家族の感情表出と双極性障害--日本でのコホート研究  [in Japanese] Families' expressed emotion and bipolar disorder: a cohort study in Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

背景:家族のEE(expressed emotion)と双極性障害の経過についての知見は一貫していない。また、これについてのアジアからの報告はない。方法(Methods):DSM-IVとICD-10に従って双極性障害と診断された12名の患者とその主要な家族が研究対象となった。患者の入院後2週間以内に、その家族に対してカンバウェル家族面接(Camberwell Family Interview,CFI)による面接を行い、EE評価を行った。患者の退院後から9カ月間追跡するコホート研究を行った。CC (critical comments)とEOI (emotional overinvolvement)のいくつかのカットオフポイントで患者を高EE群と低EE群に分け、9ヵ月再発リスクを比較検討した。結果:CC 3個以上あるいはEOI 3点以上を高EE群、それ以外を低EE群として再発リスクを比較検討すると、高EE群は3名全員が再発し(100%)、低EE群では9名全員が再発しなかった(0%)であり、有意に高EE群の再発リスクが大きかった。結論:日本においてCFIによる家族のEEは双極性障害の再発と関連している。

Journal

  • The Journal of social problems

    The Journal of social problems 56(1・2), 31-39, 2007-03

    Osaka Prefecture University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006557205
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00111213
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    09124640
  • NDL Article ID
    8774214
  • NDL Source Classification
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL Call No.
    Z6-292
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top