Webコンテンツを用いた進路学習の試行  [in Japanese] Trial study of course studying with web contents  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では,進路学習において自分の適性と職業の関係を把握させることを目的に,学習指導システムを考案し,その効果を検証した。中学校1年生を対象に,Web上に公開されている既存のコンテンツを利用して(1)自分の適性を調べた後にそれに合った職業を調べる(自己分析先行群),(2)興味のある職業を調べた後に自分の適性を調べる(職業調べ先行群)の2つの群を設定し,検証授業を行った。その結果「自己分析先行群」は自分と職業の適性の関係に興味を持つ生徒が多く,「職業調べ先行群」は職業の多様性に興味を持つ生徒が多かった。

Journal

  • Bulletin of the Integrated Research Center for Educational Practice, Utsunomiya University

    Bulletin of the Integrated Research Center for Educational Practice, Utsunomiya University (30), 27-36, 2007-07-01

    Utsunomiya University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006557249
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11485632
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13452495
  • NDL Article ID
    8972660
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-1214
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top