地域からの学びと育ち(第2報)宇都宮市を対象として  [in Japanese] Self learning and up-b ringing in and from community: case study of Utsunomiya  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

第一報に続き、宇都宮市におけるまちづくりへの子ども参画を進める上での課題を明らかにするために、様々な調査・分析を行った。昨年度からの結果を合わせると、子ども参画について未だ大人の側のコンセンサスが十分でないこと、現場で子どもたちを支援する大人が不足していること、様々な地域での子ども参画についての経験知が共有されていないこと等が明らかになり、今後の子ども参画推進へ向けて、具体的な施策展開をしていく上で多くのヒントが得られた。

Journal

  • Bulletin of the Integrated Research Center for Educational Practice, Utsunomiya University

    Bulletin of the Integrated Research Center for Educational Practice, Utsunomiya University (30), 317-326, 2007-07-01

    Utsunomiya University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006557278
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11485632
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13452495
  • NDL Article ID
    8973125
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-1214
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top