児童・生徒の自己学習力調査の報告  [in Japanese] A report of survey on self-learning of children  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本報告では、2003年度に山梨県の小学校、中学校の児童・生徒総計3743名を対象に実施した、自己学習力調査の概要を説明する。その主な結果として、アカデミックコンピテンス(学力の自己評価)が比較的年少の頃から客観的であること、そして各学習観と各学習力が、アカデミックコンピテンスと関係があることが示された。すなわち、学力の自己評価が高い子どもの方が、一般的に自己学習力が高いことが示された。また、学習観の中でも、学習の努力量や時間を重視する学習量志向から、学習の仕方を重視する方略志向へと、学年が上がるにつれて、変化する様子も示唆された。今後、さらにこの研究結果を検討する必要があるだろう。

Journal

  • Bulletin of the Research Center for Child and Adolescent Development and Education, Ochanomizu University

    Bulletin of the Research Center for Child and Adolescent Development and Education, Ochanomizu University (2), 61-73, 2004

    Ochanomizu University

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006559918
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12035573
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Data Source
    NII-ELS  IR 
Page Top