小学校から中学校への移行期における理数科の動機づけ : 算数・数学の動機づけ尺度の作成  [in Japanese] Motivation on scince and mathmatics across elementary school to junior high school : making measurement of motivation on mathmatics  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

小学校から中学校への移行期に,子どもの理数科への興味・関心はどのように変化するのだろうか.本研究では小学5年から中学2年までの子どもを対象として,理数系教科の学習動機と学習意識や行動の変容を検討することを目的として,小学5,6年生と中学1,2年生(計1818名)を対象に,算数・数学の動機づけ尺度を作成し,理数科の動機づけに関する質問紙調査を行った.その結果,算数・数学の動機づけは学年とともに低下したが,理科は学年差は見られなかった.

Journal

  • Bulletin of the Research Center for Child and Adolescent Development and Education, Ochanomizu University

    Bulletin of the Research Center for Child and Adolescent Development and Education, Ochanomizu University (4), 75-81, 2007

    Ochanomizu University

Cited by:  1

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006559946
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12035573
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS  IR 
Page Top