ロボットメディアによる人間情報処理研究 : 6.ロボットに媒介されたコミュニケーションによる自閉症療育  [in Japanese] Research on Human Information Processing Using Robotic Media : Robot-mediated Communication for Autism Therapy  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 小嶋 秀樹 KOZIMA Hideki
    • 情報通信研究機構知識創成コミュニケーション研究センター National Institute of Information and Communications Technology
    • 仲川 こころ NAKAGAWA Cocoro
    • 情報通信研究機構知識創成コミュニケーション研究センター National Institute of Information and Communications Technology

Abstract

本稿では,ロボットによって媒介されたコミュニケーションが,自閉症に代表されるコミュニケーション発達障害の療育支援に有効であることを,いくつかのケーススタディを通して解説・検討する.自閉症児は,他者の内部状態(注意・情動・意図・信念など)を理解することに難しさを持つ.視線や情動表現といった非言語情報のやりとりだけができるようにロボットの外見と機能を絞り込むことで,自閉症児がロボットの内部状態を直観的に捉えることが可能になる.このようなロボットを操作者(研究者・療育者)が遠隔制御し,日常的な療育環境の中で自閉症児とのインタラクションを長期縦断的に実践・観察・分析してきた.モノ的な分かりやすさとヒト的な社会性を併せ持つロボットは,自閉症児のコミュニケーション療育のための新しい支援ツールとなるだろう.

Journal

  • IPSJ Magazine

    IPSJ Magazine 49(1), 36-42, 2008-01-15

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  6

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006595113
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116625
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    04478053
  • NDL Article ID
    9345855
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-352
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  IPSJ 
Page Top