麻痺性貝毒により毒化したマガキのろ過海水中での蓄養による減毒  [in Japanese] Detoxification of the oyster Crassostrea gigas contaminated with paralytic shellfish poison (PSP) by cultivation in filtered seawater  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

麻痺性貝毒により毒化した養殖マガキの無毒化を目的として,貝毒原因プランクトン <i>Alexandrium tamarense</i> によって毒化したマガキ(26~30 MU/g)を,ろ過して貝毒原因プランクトンを除去した海水を流下させた水槽で垂下蓄養し,毒の減少過程を調べた。供試したマガキの毒力は,5 日後には規制値(4 MU/g)以下となり,毒化したマガキを,ろ過海水中で数日間飼育することで,毒力が規制値以下となって生鮮貝としての出荷が可能となることが示された。<br>

Journal

  • NIPPON SUISAN GAKKAISHI

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 74(1), 78-80, 2008-01-15

    The Japanese Society of Fisheries Science

References:  15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006595212
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00193422
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    00215392
  • NDL Article ID
    9349847
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-345
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top