HMM音声合成システム(HTS)の開発 Recent developments of the HMM-based speech synthesis system (HTS)

この論文をさがす

著者

抄録

近年,隠れマルコフモデル(HMM)に基づく統計的パラメトリック音声合成方式が注目されている.本方式では,音声スペクトル・励振源・継続長がコンテキスト依存HMMにより同時にモデル化される.音声合成時は,合成したい文章に対応するHMMからの出力確率が最大となるよう,継続長・スペクトル・励振源系列を決定した後,音声合成フィルタを用いて波形が出力される.2002年より我々は,HMMに基づく音声合成のための研究・開発ツール「HMM音声合成システム(HTS)」を,オープンソースソフトウェアとして公開してきた.本報告では,その最新の開発状況と今後の予定について述べる.

A statistical parametric speech synthesis approach based on hidden Markov models (HMMs) has grown in popularity over the last few years. In this approach, spectrum, excitation, and duration of speech are simultaneously modeled by context-dependent HMMs, and speech waveforms are generated from the HMMs themselves. Since December 2002, we have publicly released an open-source software toolkit named "HMM-based speech synthesis system (HTS)" to provide a research and development toolkit of statistical parametric speech synthesis. This paper describes recent developments of HTS in detail, as well as future release plans.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 107(406), 301-306, 2007-12-13

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  65件中 1-65件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006595286
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9330431
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ