PR-SCTPをもちいたリアルタイム映像伝送における経路切り替え  [in Japanese] Path alternation on real-time video streaming using PR-SCTP  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

次世代トランスポートプロトコルであるSCTPには伝送に部分的信頼性を持たせることのできるPR-SCTP拡張が提案されている。PR-SCTPを用いることにより、トランスポート層において実時間制約を考慮した再送やタイムアウト制御を行うことができ、映像・音声等のリアルタイム伝送の為のアプリケーションが作成しやすくなる。しかしPR-SCTPの拡張においてSCTPの特徴である経路切り換えが働いた場合にリアルタイム映像伝送にどれくらい影響が出るかは未検討であった。本研究ではPR-SCTPを用いてリアルタイム映像ストリーム伝送アプリケーションを実装し、経路切り替えが及ぼす影響を測定する。

PR-SCTP is an extension of SCTP, the next generation transport protocol, for retransmission and timeout control under real-time constraints. PR-SCTP eases the troublesome works of designing and developing application software for real-time transmission of video streams. Here we examine how much an alternation of a path affects on a real-time video stream.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 107(449), 51-55, 2008-01-17

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  8

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006595828
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11553608
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    9376506
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top