21018 地震被害想定における建物損害額推定手法の検討 : 1995年兵庫県南部地震を事例として(リスク評価(3),構造II) 21018 Study on the Amount of Damage Assessment for Buildings in Earthquake Damage Prediction : In case of the 1995 Hyougoken-Nanbu Earthquake

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 江田 伸幸 EDA Nobuyuki
    • 小山工業高等専門学校専攻科建築学専攻 Advanced Course of Architecture, Oyama National College of Technology
    • 石下 卓 ISHIGE Taku
    • 小山工業高等専門学校建築学科:(現)千葉大学 Dept. of Archi, Oyama National College of Technology:(Present Office)Chiba University

収録刊行物

  • 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント

    学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント 2003, 35-36, 2003-07-30

    一般社団法人日本建築学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006599222
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10486926
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13414461
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ