薩長と京都が「なんぽく」を江戸から北に追ったか : 札幌の地下鉄「なんぽく」線を考える The "NANPOKU" Line of the subway in Sapporo

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

サッポロ・オリンピックの直前に完成した,札幌の地下鉄「南北線」も,30周年を迎えた(2001年12月)。その頃は,札幌の人たちは皆,「なんぽく」線と呼んでいた。地下鉄の標識も"Nanpoku Line"であったと思っている。ところが,二年ほど前,地下鉄大通駅の標識が"Nanboku Line"となっていることに,偶然気付いて,びっくりした。初めは,交通局の間違いと思ったが,こちらの間違いであることが,分かった。何十年も,疑うことなく「なんぼく」と信じ,その間違いに気が付かないことに,二度びっくりしたのである。私だけの錯覚なのか。そこで,周りの同年輩の札幌出身の人たちに聞いてみる。皆,「なんぽく」である。しかも,私と同様に,何十年も「なんぽく」と信じて疑うことがなかった。この,まことに不可思議な,札幌の方言「なんぽく線」のことを,同窓会誌などに(資料1, 2),エッセーとして載せたところ,札幌だけでなく北海道,東北地方,関東,関西の,沢山の方々から,意見をいただいた。とくに,俳人の嵩文彦氏,国文学の工藤芳雄氏,英文学の久末弘氏,ケセン語研究者の山浦玄嗣氏,文筆家の遠間昌平氏からは,貴重な資料が寄せられた。ここに,これらの資料の一部と,私たちのその後の調査を記録しておきたい。この「方言」の不思議な現象の実体が,かなり見えてきたように思う。しかし,まだ分からないことが沢山あるようである。以下に述べることは,これらの資料をもとに,私たちの考えをまとめたものである。間違っているところは,また,ご指摘いただきたい。(資料の中で,[]の部分は,私たちが後から加えたものである。)

In Sapporo, we call the subway line that passes from south to north the "NANPOKU" Line. On the contrary, in Tokyo, they call the subway line that is expressed in the same Chinese characters the "NANBOKU" Line. It is discussed why the names of the two subway lines are pronounced in different ways.

収録刊行物

  • 人間福祉研究

    人間福祉研究 5, 147-158, 2002

    北翔大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006603810
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11222735
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13440039
  • NDL 記事登録ID
    6245444
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z71-B275
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ