愛知県豊田市水道水源保全事業の経済的評価(2)最適化問題による森林環境税の分析  [in Japanese] Economic evaluation of water supply in Toyota City, Aichi Prefecture: analysis of the forest preservation tax by dynamic optimization  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿は、主として2006年6月に開催された生活経済学会全国大会における発表に依拠しており、2006年3月に発行された中京大学経済学論叢第17号に掲載した論文(中山・白井・山田(2006))のいわば続編にあたる。中山・白井・山田(2006)では、愛知県豊田市が市の水道料金の中で使用料1m^3あたり1円を水源である矢作川上流の森林保全にあてる「水道水源保全基金」として徴収していること、およびその基金が本来は2005年4月に豊田市との合併をはたした6町村の森林涵養に費やされる基金であったことに着目し、合併に伴う各町村の水道料金の変化、基金の在り方、今後の料金問題等を分析した。そこで、本稿では、現在、大半の都道府県で森林環境税の類が導入、もしくは検討されていることを踏まえ、豊田市の基金方式と森林環境税の相違を最適化問題から考察することを目的とする。

Journal

  • Chukyo economic review

    Chukyo economic review (18), 65-77, 2006

    中京大学経済学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006604601
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10062599
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    09152555
  • NDL Article ID
    8778962
  • NDL Source Classification
    ZD11(経済--経済学)
  • NDL Call No.
    Z3-2424
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top