喧嘩両成敗法成立の法史上の意義に関する一試論 : 戦国大名武田氏の喧嘩処理を手がかりとして A Preliminary Essay about Historical Significance of Kenka-ryoseibai-ho

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 九大法学

    九大法学 92, 1-56, 2006-02

    九州大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006607300
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00055928
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    04530209
  • NDL 記事登録ID
    7938405
  • NDL 請求記号
    Z2-170
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ