セバスティアン・ブラントと『阿呆船』  [in Japanese] Sebastian Brant et Das Narrenschiff  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

拙論は、フランス国アルザスのルネサンス時代において、その当時最も優れた文学作品のひとつである風刺詩集『阿呆船』と、その著者セバスティアン・ブラント(1458-1510)を取り上げる。『阿呆船』は現代フランスの思想史家ミシェル・フーコーがその『狂気の歴史』において、狂気についてのすぐれた文学的例証であると指摘した作品である。ブラントの『阿呆船』は、ゲーテの『若きウェルテルの悩み』に先駆するヨーロッパ世界で最初のベストセラー作品となり、もっとも読まれる作品となった。ブラントはバーゼル大学法学部に学び、のちに母校の法学部長を長く勤めた後、生まれ故郷のストラスブールに戻って市参事会書記に転進し、ストラスブールの名声を高めるとともにアルザスの人文主義(ユマニスム)を発展させている。拙論はブラントの生涯と当時のストラスブールの文化状況(活版印刷術の発明など)についても考察する。

Journal

  • The Ryukoku journal of humanities and sciences

    The Ryukoku journal of humanities and sciences 28(1), 27-41, 2006-09

    Ryukoku University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006607310
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00338616
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    02890917
  • NDL Article ID
    8753779
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-1258
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top