利息を禁止した宗教の智恵 : おカネと資本についての一考察 Wisdom of Religions that Prohibit "profit" : A Study of Money and Capital

この論文をさがす

著者

抄録

同源の一神教として知られるユダヤ教、キリスト教、イスラム教はそれぞれ利息を禁止してきた。イスラム教はいまも建前としては利息を禁止、ユダヤ教は「同胞」に限って禁止し、また、キリスト教は中世末期の宗教改革で解禁した。中世ヨーロッパ社会にあってキリスト教聖職者らは利息禁止を強く主張したが、その主張の背後に、ユダヤ人を差別しながらも、その一方で特権的に「異教徒(キリスト教徒)」相手の金貸し営業権を与え、そのことで彼らを操り、その収益の一部を巻き上げる、いわば体制の維持装置という側面があったとみることができる。現代金融論では、利息とは、「いまのおカネ」と「未来のおカネ」の交換、いわばおカネの"異時点間交換"にともなう差額の補填である。こうした信用システムから必然的に生じる利潤の追求こそが、現代資本主義の根幹であろう。しかし、この仕組みによって生まれたのは、「いま」に取り込まれた「未来のおカネ」を実現するため、休むことなく馬車馬のように走り続け、経済の拡大・成長を追求することを運命づけられた社会である。いつまで持続できるのか。おカネはほんらい、暮らしに役立つモノやサービスと交換したときにその価値を発揮する。その点で、モノやサービスという効用の代理物であり、効用を数値化したシンボル(象徴)といえる。効用は有限だが、シンボルは無限である。逆説的だが、古(いにしえ)の賢人や諸宗教が利息を禁止したのは、シンボルが効用を離れて暴走し、「未来」という時間を侵食することへの畏れがあったのではないか。

Judaism, Christianity and Islam, the 3 co-ancestral monotheistic religions had prohibited "interest" in different ways. Muslims still (at least in principle) follow the taboo, Judaism prohibits taking interest when it is from fellow-believers and Christianity got rid of the prohibition after the Reformation. In medieval European society, the prohibition advocated by Christian clergy helped to keep the social structure because the establishment, feudal lords and clergymen, could control and exploit the socially discriminated Jewish people by giving them the exclusive privilege to open money shops. According to modern financial theory, interest is the difference of the "present values" between today and future money. The pursuit of profit that is inevitably sought through this credit system must be the psychological basis of our modern Capitalism. We are truly urged to work hard to realize "the future money" which is used for today's purpose. Thus, we can't help but pursue the enlargement and growth of the economy. But it is obviously impossible to keep this system forever because our Earth is limited in its production. Money is a kind of symbol and is useful only when exchanged for worldly articles or services which are always limited. But it, as a symbol, also can unlimitedly multiply just by bringing the (unlimited) future money into present time. The contradiction seems to be awesome, and that can be the covert reason why religious leaders made interest a taboo.

収録刊行物

  • 国際文化研究

    国際文化研究 11, 43-58, 2007

    龍谷大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006610364
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11423602
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13431404
  • NDL 記事登録ID
    8768812
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-B282
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ