看護職が認知症高齢者の家族になったとき--セピア色のカーネーションに寄せて  [in Japanese] My though about dementia when I, a nurse teacher, turned out to be a family member of demented elderly: to the sepia carnation  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

はじめに : 「一億の人に一億の母あれど、我が母にまさる母なし」。この文章は、田舎の高校を卒業して単身上阪した少女が、母の日に何片かのカーネーションの押し花に添えて母親宛に送ったものである。今日にあっては、携帯電話で祝福のメッセージを送ったり、いわゆる「○○キューピット」で、美しく豪華な花束が届けられているのかもしれないが、封筒の表には昭和40年のスタンプが押されていることから、当時はそのような時代ではなかったのだろう。……

Journal

  • Osaka City University journal of nursing

    Osaka City University journal of nursing 4, 33-38, 2008

    Osaka City University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006612771
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12017447
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1349953X
  • NDL Article ID
    9457489
  • NDL Source Classification
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL Call No.
    Z74-E460
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top