有用成分導入による水耕葉菜類の味質改善および機能性の強化について Improvement of taste and nutrient enrichment of lettuce grown in hydroponically by introducing sweeteners, ascorbic acid and flavors

この論文をさがす

著者

抄録

水耕野菜類の味質改善と機能性の強化の目的で、天然甘味成分であるレバウディオシドA(Reb-A)高含有品(Hi-Reb-A)、L-アスコルビン酸(AsA)および香り成分(マスクメロンエッセンスおよびペパーミントエキス)の3成分を収穫直前のレタス類(品種:ノーチップ)の根から同時に導入を行った。1.無処理区に比べ3成分同時処理のレタスには、3倍以上のビタミンC(AsA+酸化型アスコルビン酸)が含まれていた。また、3成分同時処理の中で、Hi-Reb-A0.2%処理のレタスには、0.1%処理に比べ2.5倍以上(100g新鮮重あたり60mg以上)のReb-Aが含まれていた。2.Hi-Reb-A処理によって、レタスの甘味について高い評価が得られ、レタス本来の苦みも緩和されたが、食べやすさの評価は対照区と同等であった。3.マスクメロンエッセンスおよびペパーミントエキス両処理ともレタスの香り強さの評価が高く、これら香り成分の導入が確認された。また、マスクメロンエッセンス処理のレタスの香りがレタス本来の香りよりも高い評価を得た。

収録刊行物

  • 佐賀大学農学部彙報

    佐賀大学農学部彙報 (93), 127-132, 2008-02

    佐賀大学農学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006614659
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0009670X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    journal article
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    05812801
  • NDL 記事登録ID
    9447845
  • NDL 雑誌分類
    ZR6(科学技術--農林水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-466
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR  JASI 
ページトップへ