大学生の性に関する認識の実態とピアカウンセリングへの期待 : ピアによる性教育ニーズと教育内容の検討 A Study of College Students Concerns about Sexual Matters and Their Expectations from Peer Counselors

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

"青年期のヘルスプロモーションの視点から,大学生のピアカウンセリング手法による性教育の必要性と教育内容を検討するため,某大学生858人を対象に自記式質問紙調査を行い,以下の結果を得た.性交経験者は,男性では1年生(62.1%)・2年生(77.1%)・3年生(91.1%),女性では1年生(41.5%)・2年生(62.4%)・3年生(70.1%)と学年を上がるごとに増加していた.性に関わる問題の第1の相談相手の割合が最も高いのは「友人(73.1%)」であり,性に関わる意識や行動に最も影響を与える第1のものも「友人(45.5%)」であった.性の問題の相談場所がない者が24.0%いた.大学生のピアに対する期待は,具体的な知識に加え,交際相手とのトラブルへの対応や避妊法の具体的な技術指導,ピアカウンセリングが包含する相談しやすい人や秘密の守られる場の提供であった.最も知りたい内容は,21項目中,「性感染症の知識(47.0%)」で,以下2割以上は「男性と女性の心理や行動の違い(46.3%)」,「エイズ(44.8%)」,「愛とは何か(40.5%)」,「緊急避妊法(39.6%)」,「避妊の方法(35.8%)」,「異性との交際のしかた(34.8%)」,「セックス(性交)(29.3%)」,「自分の体について(27.2%)」,「性の人生の意味(26.1%)」,「性欲の処理のしかた(24.9%)」,「思春期の心理(23.6%)」,「性に関する相談機関(22.0%)」の12項目であった.以上から,青年期にある大学生にもピアによる性教育の潜在的・顕在的ニーズがあること,その教育内容として心理的・性行為付随側面のニーズが高くなっていることが窺える.この時期のQOLを実現するため,新入生の時期からピアカウンセリング講座やピアカウンセリングが展開できる場やサポート環境を整えていくことが求められる."

"A self-administered questionnaire was given to 858 college students to examine the necessity for and the content of sex education using peer counseling. The results showed that among females, 41.5% (N=103) of first year, 62.4% (N=121) of second year, and 70.1% (N=47) of third year students had experienced sexual intercourse. Among males, the percentages were 62.1 (N=82), 77.1 (N=54) and 91.1 (N=33) for first, second and third year students, respectively. A progressive increase was found. The survey also showed that the main supporter in sexual matters was a `friend (73.1%)'. Moreover, the person who had the greatest influence in sexual considerations and actions was a `friend (45.5%)'. The peer counselors were expected to provide : Appropriate knowledge, specific technical guidance on contraception methods, and contact concerning the problem with the sexual partner. The counselor was also expected to be discreet, easy to talk to, and sessions held at an appropriate site. Among 21 items, the content cited most of ten was `sexually transmitted disease (47.0%)'. Twelve items were cited 20% or more times, and the need to educate students on the psychological character of sexual activity was mention many times. These finding suggested that young college students have potential to help and many are apparently in need of sex education by peer counselors."

収録刊行物

  • 川崎医療福祉学会誌

    川崎医療福祉学会誌 17(2), 313-331, 2008

    川崎医療福祉大学

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006622780
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10375470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09174605
  • NDL 記事登録ID
    9436727
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z6-3791
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ