ユニバーサル情報源・通信路結合符号化に関する一考察 A Note on the Weak Universal Joint Source-Channel Coding

この論文をさがす

著者

抄録

従来,情報源の確率構造と通信路の誤り確率が既知である一般情報源,一般通信路において誤りなく情報伝送可能な必要十分条件が求められていた.本研究では,そこで得られた結果をユニバーサル情報源・通信路結合符号化に応用する.また,分離定理に関しても考察する.

In this paper, a weak universal joint source-channel coding is considered. Weak universal means that a source probabilistic structure and a channel probabilistic structure are parametric and the set of parameter and its prior probability are known, but the parameter is unknown. Then we show a condition for the class of sources and channels that the error probability averaged by prior probability converges to 0.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論

    電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論 107(422), 1-6, 2008-01-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006623044
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013083
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9376910
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ