コケ植物の分子系統学的研究の現状と現在の研究に至るまで(第1回日本植物分類学会奨励賞受賞記念論文)  [in Japanese] A short review of molecular phylogenetic studies on bryophytes and my personal side view  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

この総説は,日本植物分類学会奨励賞の受賞講演「コケ植物の分子系統学的研究の現状」(2007年3月16日,新潟大学)についてまとめたものである.受賞講演では,おもに私自身の研究の歴史と,予報的な内容ではあるが,現在のコケ植物の大きなレベルでの系統関係について触れた.また本稿では,時間の関係で講演の際に取り上げることのできなかったコケ植物の分子系統学的研究について,私がこれまで関わってきた研究を中心に,その概略を述べるとともに,コケ植物の分子系統学的研究の現状を紹介する.とくに,分子系統学的研究によって明らかになったことと,未だ明らかになっていないことを含めて紹介したい.

Journal

  • BUNRUI

    BUNRUI 8(1), 15-27, 2008

    Japanese Society for Plant Systematics

References:  81

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006623490
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11585830
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1346-6852
  • NDL Article ID
    9392899
  • NDL Source Classification
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL Call No.
    Z74-C609
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top