多スタートノードGNPを用いた株式売買ポートフォリオの基礎検討  [in Japanese] A preliminary study of portfolio of stock markets by GNP with a number of start nodes  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

既存の「ローソク足チャートを利用したGNPによる株式売買モデル」と「多スタートノードGNP」を応用し,株式売買におけるポートフォリオを構築するための基礎検討を行う.株式売買においてリスク分散は重要な課題である.リスク分散で一番賢明な方法は複数の銘柄をストックし売買することである.そこで今回,銘柄ごとにスタートノードを作成しポートフォリオを構築することによって,複数銘柄を売買できる手法の基礎検討を行う.なお株式売買成立条件は当該日の始値で売買が成立するものと仮定する.運用資金は1銘柄500万円を1年間売買させる.

Journal

  • インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集 = FAN Symposium : fuzzy, artificial intelligence, neural networks and computational intelligence

    インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集 = FAN Symposium : fuzzy, artificial intelligence, neural networks and computational intelligence 16, 145-150, 2006-09-25

    日本機械学会

References:  16

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006638092
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1190206X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top